忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヤマハ DT230-LANZA(ランツァ) 初期型(4TP1)

2006年の排ガス規制により生産中止となった、2ストOFFロードバイク。
絶版車なので、中古市場でしか手に入れることが出来ない。

軽量コンパクトなので、ライバル車と比較して取り回しが楽である。
LANZAの前に乗っていたセロー(4スト)のハイパワー版と言ったところか。
エンジンはトラクションコントロールを採用、デジタルメーターによるフロントの軽量化など先進の技術が導入された。
その一方、スチール製のスイングアーム、正立サスペンションと退化(?)した箇所も見られ評価が分かれた。
※前代DT200WRはアルミ製スイングアーム、倒立サスペンションだった。

しかし、マイルドなエンジン特性と取り回しの良さで、乗り手と場所を選ばない懐の深さを持っていると思う。
他社ライバル車がレーサー譲りの高性能であったのに対し、LANZAは日常での楽しみを優先した作りだと思う。
実際、どこを走っても楽しい。
特に足場の悪い林道では、足つきの良さと標準装備のセルに助けられた。
低速では意外と粘り、高速では2ストらしい吹け上がりが体感出来る。

先日、左側クランクケース下にオイル溜りを発見。
ひょっとして・・・恐る恐るクランクケースカバーを開けてみると・・・
ドバドバッ!!!
やはり、LANZAの持病、クランクシャフトシールの破損でした><
日頃まめにメンテしてますが、見逃してました。
部品を買って自分で修理しようと思ってますが、専用工具を買わないと話になりません。
せっかく天気が良くなってきたのにしばらく乗れそうもありません。orz

dt_01.JPG


















※SPECは右Menu欄参照

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.8No.7No.6No.5No.4No.3No.2No.1
≪PRE 2017.06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b