忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無事エンジンがかかったところで、次はクーラント液の交換作業だ。

DVC00060.JPGDVC00059.JPG






リカバリータンクの中のクーラント液は茶色く濁っており、経年劣化の激しさを物語っていたw


DVC00058.JPG






とりあえずリカバリータンクを外してみた。
古いクーラント液はドロドロでまるでヘドロの様だった。
はっきりいって冷却効果は期待できそうにない><


とりあえず水とパーツクリーナーで洗浄して、再度組み付けた。

DVC00057.JPG







次はエンジン内部のクーラント液を抜く作業だ。

ドレインボルトを緩めると、リカバリータンク同様茶色い液体が出てきた。
しかも灰汁みたいなものまで(^^;
抜けを良くするため、ラジエターキャップを外すとさらに勢い良く茶色い液体が出てきた。

7ee0e18e.JPGDVC00055.JPG






まるで豚骨しょうゆラーメンのスープみたいだったw
さすが12年ものwww


更にラジエターの注入口から水のジェット噴射で内部を洗浄。
出るわ出るわ、茶色いスープと灰汁・・・

キレイな水が出るまで車体をゆすったりしながら徹底して洗浄を済ませ、新しいクーラント液を注入。

リカバリータンクにも注入し、ラジエターキャップを締めてエンジン再始動。
約1分暖気後、エンジンを止めてラジエターキャップを外す。

そしてクーラントの液面が下がった分だけ補充しておいた。

d491cfd0.JPG6b58cac7.JPG






キレイになったし、これならば冷却効果も期待出来るだろう。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.46No.45No.44No.43No.42No.41No.40No.39No.38No.37No.36
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b