忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、とある用事で石川と富山の県境に行ってきた。

県境には、国道8号線と並行する形で旧街道「倶利伽羅峠(くりからとうげ)」が走っている。

ここは源平の古戦場であり、街道沿いには数々の名所名跡が残されているらしい。

DVC00234.JPGDVC00237.JPG







今回は「倶利伽羅峠」には行っていないが、時間をつぶす為に街道入口にある道の駅に行ってみた。

施設内はきれいに整備されていて、食事処、みやげ屋、温泉施設があり宿泊も出来るらしい。

ところどころに「倶利伽羅峠」の説明看板や、資料館もありなかなかの充実ぶりであった。


DVC00240.JPGDVC00241.JPGDVC00239.JPG







案内看板を見ていると、あるイラストが気になった。
なんだこれは? 妖怪?

DVC00236.JPGDVC00235.JPG







と、思っていたら資料館の入口にこんなものが!

表情から察するにかなりご立腹の様子(^^;

DVC00238.JPGDVC00233.JPG







説明によると、1180年に木曾(源)義仲が「倶利伽羅峠」で取ったと伝えられる戦術「火牛の計」らしい。

夜中、狭い山道で待機する平家軍に対し、牛の角に松明(たいまつ)をくくり付けて突進させたとか。
油断していた平家軍はあわてて次々と谷底へ落ちていったらしい・・・恐るべし・・・火牛!
今なら動物愛護団体が黙っていないはず。


資料を一通り見終えて腹が減ったので、食事処で「源平山菜そば」を食べてみた。
たっぷりの山菜と、とろろ芋が入って650円也。
そば自体はそれほどおいしくなかったが、ダシと山菜が絶妙だったので満足。

DVC00308.JPG






今度来る時は、バイクで「倶利伽羅峠」を探索してみようと思う。
今日から雪が降るらしいので、春先になるかな?

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.28No.27No.26No.25No.24No.23No.22No.21No.20No.19No.18
≪PRE 2017.06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b