忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

■サイクリング・ポタリング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木場潟を後にし、ひたすら粟津温泉を目指す。
自転車を漕いでいると風が心地よいが、猛暑の為ペースが落ちてきた。
熱中症が怖いので少し休憩することに。

たまたま「津波倉御生水」があったので、体を冷やすことにした。
こんこんと湧き出す水は、水量こそ少ないものの冷たくて気持ちよかった。
何杯か水を飲み、顔や首周りを洗った。
御生水とは良く言ったものだ、生き返った気分だ(死んだことないけどw)

DVC00025.JPGDVC00026.JPGc0cc799b.JPG






木場潟から遠くに見えた小松ドームを横に、粟津温泉を目指し「総湯」に到着。
最近建て直したらくしくキレイな建物で、入湯料も一般的だ。
今度ゆっくり入りにくるか・・・

ab0d132b.JPGDVC00021.JPG





DVC00020.JPG2c1b21f9.JPG






道路の真ん中にそびえ立つ杉の木を発見。
ただでさえ狭い道なのに車の往来が大変そうだ。
この杉は「黄門杉」と言って、前田家の殿様が粟津温泉に立ち寄った際に植えたものらしい。
なるほど、これは切る訳にはいかない。
でもよりによって道のど真ん中に植えなくても・・・

DVC00019.JPGce511dfe.JPGa81d083c.JPG






温泉宿の歓迎看板は殆ど、木場潟でカヌーの大会に参加している団体名で埋め尽くされていた。
中学生たちにとって良い夏休みの思い出になることだろう。

案内看板の記憶を頼りに、温泉街特有の町並みを楽しみながらちゃりでうろつく。

すると懐かしい看板を発見w
ボンカレー、昔はレトルトパックの事を「ヒートパック」と呼んだのかwww
アースの看板も、当時限界ギリギリの露出だったのではないだろうか?www

bea8f935.JPGe5bb1e97.JPGb89e6ca8.JPG






しばらく行くとなにやら山手へ通じる路地が・・・
まだ時間はある。
行ってみるしかないだろう。

つづく・・・

拍手

PR
7/23(土)、朝からむちゃくちゃ暑い><;
木場潟中央園地で、長男のサッカーの試合があったので見に行った。
最初の試合を見終わり、次の試合まで3時間あるので車に載せてきたちゃりで木場潟を走ることにした。

3c1ed8d3.JPG





木場潟は1週6.4km、中央園地、北園地、西園地、南園地の4つの公園がある。
展望も良く、白山連峰のパノラマが広がり、遠くには小松ドームが見える。

DVC00037.JPGDVC00038.JPGac9c09ef.JPG






芝生のグラウンド、遊具、野球場などがあり、スポーツをする人やBBQを楽しむ人たちで賑わっていた。
貸しボートやレンタサイクルもあるので、釣りやサイクリングを気軽に楽しむことも出来る。

DVC00034.JPGDVC00035.JPGDVC00033.JPG






更に木場潟にはカヌー漕艇場があり、この日も「全国中学生カヌー大会」が開かれていた。
過去に世界大会の会場となったりするなど、カヌー界では結構有名なところなのだ。

DVC00030.JPGDVC00031.JPGDVC00029.JPG






ひたすら木場潟をグルグル回ろうと思っていたが、2周したら飽きてしまった(^^:
まだ時間があるので粟津温泉に行ってみることにした。

つづく・・・

拍手

梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑。
おまけに朝から真夏日なので、ちゃり通勤は控えている。
熱中症が恐いし、無事に会社に着けたとしてもしばらくは仕事出来ないだろうし;

雨が降れば集中豪雨、晴れたと思えば殺人的な暑さ><
いったいどうなっているんだ、地球!

仕事が早く終わったので家に帰り、長女と一緒にちゃりで近場を走ることにした。
19時半までならまだ十分明るいし、日差しも弱まるので丁度良い。

先日取付けたバーエンドバーの握り具合はこんな感じ。

1e0ad382.JPG






普通にグリップを握った状態だと、人体構造的に手首に負担がかかる。

88ad7f74.JPG






バーエンドバーを握ると手首が自然になるので負担が軽減される。
肩の力を抜いて腕を下げると、手首の角度がどうなっているか確認すると分かりやすいかも知れない。

「旧北陸鉄道跡」の桜並木を走って、辰口を目指すことにした。
日中の暑さがウソの様に風が涼しい。
ゆっくり漕いでいるので尚更だ。

ちゃりは、風の匂い、土の香り、虫や鳥の鳴き声を肌で感じられる。
車やバイクでは見落としてしまう様な発見も出来るので楽しい。
エコだし(^^b

元々ちゃり好きな長女も、先日のサイクリングで完全にはまった様で会話も弾む。

そして目的地に到着。
辰口の「のみでん広場」である。
「旧北陸鉄道 能美線」を走っていた車両が展示されている公園だ。
辰口博物館と図書館の裏手にあるのだが、時間帯によっては車両の中に入ることが出来る。
今ちゃりで走って来た道を、この車両が走っていたのだ。

79a5c57a.JPG0d0a907f.JPG94d895e4.JPG






少し休憩して戻ることにした。
来る時よりも日は落ち、より一層涼しくなっていた。
海に沈む夕日と山際に上る白い月が対照的だった。

走行距離>約10km
所要時間>約50分(休憩含む)

拍手

昨日は梅雨が明け快晴。
先週は山を走ったので今回はちゃりで海を目指した。

5f220993.JPG






近くの工業団地を過ぎ、JR北陸本線の高架を渡ると「加賀海浜自転車道」の入口に到着。
ここなら車も通らないしゆったりペースで走れそうだ。

DVC00077.JPGc88a0b19.JPG9316acc1.JPG






自転車道に入り、旧木曾街道跡地と北陸自動車道の高架を超えると・・・
海が見えた!

dcca047f.JPGdefba7ea.JPG568b8daa.JPG






梅雨明けの日本海はおだやかでキレイだった。
ここから海岸沿いの道をひたすら走り、目的地の「シーサイド松任」を目指す。

2e5de6c5.JPG41e5558f.JPGfdc5c743.JPG






それにしても今日はすごく暑い。
まめに水分を補給しながらひたすらペダルを漕ぐ。
三連休初日と言うこともあり、海水浴やサーフィン、釣り、パラグライダー、バーベキューを楽しむ人が多かった。
おなじみ(?)の「美川県一の町」を過ぎ・・・

2b57e51a.JPG






徳光PAに到着!
北陸自動車道のPAに隣接するショッピングモールは、一般道からも利用出来るので県内外の客で賑わっていた。
またこのPAの目の前は海水浴場になっていて、温泉施設もあるので海水浴客も多かった。

eda99a0c.JPG1247e90b.JPG67a7c744.JPG






ここから目的地の「シーサイド松任」は目と鼻の先だ。
路面温度計の表示を見ると30℃だった。
なるほど、暑い訳だ><

6ef7b4ff.JPG






で、到着~♪
サイクリングターミナルでもある「シーサイド松任」は、かつて「ツール・ド・のと」のスタート&ゴール地点だったところだ。
広大な敷地を持ち、バーベキュー施設や遊具があり、グランドゴルフも楽しめる。

f6a98a7d.JPG6ab0b6e3.JPG





054a94d3.JPG87fa51fd.JPG






隣接する展望台に昇り海を眺める。
ここも海水浴客で賑わっていた。

0b28a444.JPGe9b67e9c.JPG






少し休憩して戻ることにした。
それにしても空気が熱いので呼吸が苦しい(T_T;
熱中症になりそうだったので、水道で頭や体を洗って東屋で涼む。
あ~ビール飲みたい・・・

76d82123.JPG






気を取り直して走り出すと、ビーチサッカーの看板が。
これは行くしかないでしょうw
案内看板に従い、会場の海水浴場に着くとビーチサッカーは終わっていたwww
折角なので海の家でカキ氷を食べた。
キンキンに冷えたカキ氷は、体力回復に効果抜群だった。

f75ce8d7.JPG1b1cba6a.JPG719ba458.JPG






来た道とは少しコースを変えて旧根上町を通ってみた。
ここはメジャーリーグで活躍する「松井秀喜」選手の出身地。
すぐ近くに「松井秀喜 野球の館」なるものがあり、野球ファンのみならず多くの観光客が訪れている様だ。
商店街の道路は「ホームランロード」と名付けられている。
高校時代ここを通って寺井駅に行き、金沢の星陵高校へ通ったのかな?

bd6a5df6.JPG






今回は休憩含めて約3時間、走行距離往復約35kmだった。
海風にさらされたちゃりを水洗いし、各部調整、グリスアップしておいた。

海も良かったが、山に比べると日陰がないので直射日光がキツかった。
おかげで日焼けがヒドく、風呂に入るとヒリヒリした。
真夏に海沿いを走るのは避けた方がいいかも知れないw

拍手

以前から走りたいと思っていた「手取キャニオンロード」へ行ってみた。

急に思い立ったので夕方の出発となった。
また、長女も一緒に行きたいと言ってきたので、カミさんの運転する車でスタート地点まで送ってもらうことにした。

スタート地点でちゃりを降ろし、メットやドリンクを装備、道の駅でもらったMAPを見て行けるところまで行くことに。

f7acb988.JPG






日中は暑かったが夕方の気温は涼しく、気持ち良かった。
ゴール地点の瀬女まで手取川沿いに19.5kmの道程をひた走る。
昔、金沢と名古屋を結ぶ「金名線」が走っていたところをサイクリングロードにしただけのことはあり、手取渓谷を望む景観は素晴らしかった。
ところどころ駅の看板が残っており、当時そこに駅があったことを偲ばせる。

すれ違うサイクリストとの挨拶も長女にとって新鮮だった様だ。
ツーリングのピースサインを思い出したが、今もその習慣は残っているのだろうか?

カミさんの用事があったので、約9km走ったところで一旦回収してもらい帰路につく。
しかし、長女も自分も走り足りなかったので、途中で降ろしてもらうことにした。
先日ちゃりを復活させた時に走った、廃線跡の桜街道を走ることにしたのだ。

蝉が鳴いていたが風が涼しく、快適だった。

次回は早目に出掛けて全線走りきろうと思う。
もちろん長女もヤル気まんまんだw

走行距離>9+7=約16km

拍手

 昨日の予報通り今朝雨が降っていた。
せっかくちゃりが復活したのに・・・

会社の健康診断を受けに行き、帰る頃には晴れ間が覗いていた。
診断結果も異常なしとのことだったので、これは出掛けろとの神のお告げか?(笑)

c2a521e3.JPG








とりあえず鶴来目指して手取川の土手を遡る。
道幅が広くフラットだが、途中ダートがあったりしてMTBの走行テストにはもってこいだ。
調整した変速機構もすこぶる調子がいい。
天気はやや曇り気味だが、気分は最高だ。
やはり二輪はいいものだ。

4d220eb2.JPG








鶴来に到着。
腹が減ったのでコンビニでパンを食べた。
ハンガーノック対策としてアンパンとネジネジドーナツをチョイス。

22cdad8f.JPG








辰口地区と鶴来を繋ぐ「天狗橋」。
老朽化が激しいので新しい橋の工事が進んでいる。

9d5d44cf.JPG





 



北陸鉄道の廃線。
長年地元の足として活躍してきたが、車社会となった今残念ながら廃止となった。
自分も敷かれたレールの上を走る人生は嫌だが・・・
もっとも敷かれたレールがないのも事実(笑)

7e07cafc.JPG4d0a48e8.JPG34678b92.JPG








手取川にかかる人道橋。
フレームこそ鉄だが、路上は木の板。
でも眺めが良く、いい感じだ。
これも鉄道の名残りだったかな?

8155e072.JPGeb10241c.JPG67e39c01.JPG








橋を渡り、道の駅「しらやまさん」に到着。
ここのラーメン屋「ちゃーしゅう屋」は結構うまい。
特に店の名前通り、チャーシュー麺はおすすめだ。

ac322f99.JPG








人道橋を戻り、「加賀一宮駅」に行った。
廃線となったので役目を終えているが、地元の足はもちろん、すぐ近くにある白山比め神社の参拝客が多く利用したことだろう。
特に金沢方面からの初詣客には重宝されたことだろう。
駅に見えない感じは、さすがと言うべきか(?)

bd365ae3.JPGd125512a.JPG








ついでに白山比め神社に行ってみた。
自然のトンネルになっている表参道を上がると本殿がある。
今日は拝みに行かなかったが、表参道は空気がキレイで涼しかった。
水も清らかで、まさに神域と言った感じだった。

f79e3be5.JPGc7851ce9.JPG






893206ce.JPG14696094.JPG








帰りは、数十年前に廃線となった道を辿って帰路につく。
すでに線路は撤去され舗装済み、今は健康道路としての役を担っている。
全線に渡って桜が植樹されており、桜の名所としても知られている。
ところどころ当時を偲ばせる駅標があったり、レールを利用した花壇があったり結構楽しい。
しかも車通行禁止区間が多いので安心してサイクリングを楽しめる。

eaebdade.JPGb9013a6d.JPG








走行距離約30km、走行テストのつもりがついつい足を伸ばしてしまった。
寄り道したり3時間かけて楽しんだ。
普段フットサルで鍛えているせいか意外と余裕だったが、ケツが痛くてたまらなかった。
これだけは慣れが必要だが、ケツバットで鍛える手も(笑)
年末の「絶対に笑ってはいけないスペシャル」の出演者はケツが鍛えられていることだろう。

帰宅後、ワイヤー類の確認と清掃をした。
そして、サドルの角度を調整後試走してみた。
驚いたことに、ケツが痛くない!?
ポジション出しって重要だと実感。

これから色々パーツを変えたりしてベストポジションを探ってみようと思う。
サイクルコンピュータも欲しいところ。
目指すは人馬一体(笑)

拍手

Prev1 2 
≪PRE 2018.04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b