忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

YPVSからの排気漏れがひどくなってきたのでメンテすることにした。

57365cb1.JPG79ca7d91.JPG4e09a212.JPG7ed110a5.JPG






その前にハイビームのインジケータランプを装着。
これでインジケータはOK。


021c8230.JPG5ab98bbe.JPG189c2dc2.JPG0ead8d54.JPG






そしてYPVSのメンテを開始。
シリンダーとジェネレータカバーは排気カーボンで黒く汚れており、YPVSのカバーを外すと中は真っ黒だった。


a5e0a6b3.JPG






YPVSバルブを外してシール類を交換するだけだが、チャンバーやらタンクやら色々外さなくてはならない。
バイク屋に頼むと工賃だけで高く付きそうだ。

基本的な交換手順は予めインプットしてあったので割りとスムーズに作業を進めることが出来た。


d284203c.JPG9855de17.JPGcad693d5.JPGfe5942e8.JPG






エキパイもYPVSバルブも思ったほど汚れていなかった。
本来ならこれらの汚れも取っておきたいところだが、今回はYPVSの排気漏れを止めるのが目的。
あまり時間を掛けず、清掃程度にとどめた。


9381b8c8.JPG4bf8dfaf.JPG1d53d15b.JPG






f1f9ad32.JPGf0b69c58.JPGb2c549a6.JPG






そして、交換すべき部品は新品に換えて組み付けた。
シール類はかなりへたっており、かなり痩せていた。

YPVSバルブを動かすサーボモーターからのワイヤーを組むのに手こずったが、なんとか完了。

チャンバーを付ける前にイグニッションキーを回してYPVSバルブの動きを確認してみる。

「ウィ、カカカ」

@@?

本来の作動音は「ウィン、ウィーン」・・・
YPVSバルブを動かすプーリーも全く動かないし、明らかになにかがおかしい。
ひょっとしてバルブを組む向きを間違えたのか?
もう一度バラしたりネットで調べてみたが問題なさそうだ。
そもそもLANZAのYPVSは、バルブが逆に組まれない工夫がされている。
シリンダーに部品が収まった時点で問題ないはずだ。


1e1abd82.JPG






悩みまくって時間がどんどん過ぎてゆく。
ついに日が暮れて辺りは真っ暗に><
久々に投光器を点灯し夜間作業になってしまった。

バルブの組み方はおかしくないので、あとはサーボモーターか?
と言うことでサーボモーターのカバーを外してみると・・・


438ee38b.JPG






1番ワイヤーはサーボのドラムから外れ、2番ワイヤーに至ってはドラムに巻き付いて大変なことになっていた。

ガッデム/(^0^)\ヤッチマッタ!

YPVSのプーリーにワイヤーを組む時、無理やり力がかかってこんな有様になったのだろう。
あやうくワイヤー切れどころかサーボモーターを壊すところだった。

各所正常な状態に戻してYPVSを動かしてみる。

「ウィン、ウィーン」

プーリーも動いて一安心(^^;

あとはチャンバーやタンクを組み付けて作業完了。

25.JPG






エンジンを掛けてみると問題なく作動していた。
あとは試走して排気漏れが止まったか確認するだけだ。

それにしても今回は、本当に焦った。
自業自得ではあるが;;;;;;;
 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.173No.172No.171No.170No.169No.168No.167No.166No.165No.164No.163
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b