忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は七夕。
例年曇りが多いのだが、今年は珍しく晴れていたので各地で星空観察が行われた様だ。

自宅から車で5分ほどのところに、ホタルの生息地があるので家族で行った。
去年も行ったのだが、ホタルがたくさん飛んでいて感動したのを覚えている。

今年は時期が遅いこともあって(6月末がピーク)やや少なめだった。
それでも見ごたえ十分であった。

ホタルの発光は、オスとメスが求愛する為の行動だそうだ。
体内にある2種類の酵素が混ざり合って点滅を繰り返すらしい。(サイリウムライトみたいなもの?)
この光を頼りに異性を探す訳だ。

でもホタルはオスメス両方光るので、間違わないのか?
と思ったので調べてみた。

メスは草むらでじっとしたまま光り、オスは飛行しながら点滅を繰り返す。
また、全てのオスは点滅のタイミングを合わせ、メスの点滅タイミングとずらすことで互いを識別するらしい。
素晴らしいチームワークwww

メスを発見したオスは、メスのいる草むらへ飛んで行って更に点滅する。
それに対し、メスが光って応えれば見事カップル誕生となるらしい。

雌雄が存在する生物の求愛行動は色々あるが、ホタルの求愛行動は幻想的でなんともロマンチックではないか。

夜空を見上げると天の川がハッキリと見え、牽牛星(アルタイル)と織女星(ベガ)がより一層近づいている様に見えた。
ホタルの乱舞は、七夕の夜をより一層引き立ててくれた。

星が見えるキレイな空気と、ホタルが生息出来る環境をいつまでも守り続けなければならないと思わざるをえない夜だった。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.71No.70No.69No.68No.67No.66No.65No.64No.63No.62No.60
≪PRE 2017.06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b