忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3/17(日)JOURNEY金沢公演に行ってきた!\(^0^)/



ジャニー喜多川氏率いるグループではない。
カタカナで書いたら間違えるかも知れないので、キチンとアルファベットでJOURNEYと表記しておく。

JOURNEYは旅路や旅行の意味。
しかも通例、陸路での旅を表す。
ライダー視点で考えるとロングツーリングみたいな感じ?
旅先で「Have a nice JOURNEY!」なんて言うとカッコいいかもね。
日本人だから「ご安全に」の方が心に沁みるか。

ジャニー喜多川氏は、本名:Johnny H. Kitagawa。
ジャニーはジョニーの米語発音?お洒落な言い方?

午前中は家の用事。
昼過ぎ、LANZAの給油がてら20km程度走行。
天気が良いので気持ち良い。
このままどこかへ走り・・・・・( ゚Д゚)ハッ!

カミさんに車で金沢まで送ってもらい15:30頃到着。
開場は16:30、開演は17:00なので滅多に来ない兼六園と金沢城をウォーキング。



兼六園の茶屋街は観光客もまばら。
まだ固い桜の蕾同様、観光客の財布の紐も固い模様。
開花予想は4/2~だったはず?
兼六園の入園料は、土日に限り石川県民は無料(^^vヤッタネ(身分証明書の提示要)
だがお花見シーズンの一週間は、一般に無料開放される。
その頃になると昼も夜も花見客でごった返す(現金なもんだね)
でも夜桜はお奨め、花見団子+甘酒はもっとお奨め(^^b



金沢城は久しぶり。
少しづつ整備や復元が行われている様で、以前来た時よりも様子が変わっていた。



21世紀美術館周辺は暖かかったこともあり、多くの人で賑わっていた。
初めて中に入ってみたが、所詮無料ゾーンのみなので特に感動無し><



辺りをウロウロしていると、いつの間にかライブ会場へ連なる人の列が増えてきた。
そろそろ行くか・・・

ライブ会場となる金沢歌劇座に着くとすでに長蛇の列、最後尾は建物の裏手w
客層は私と同年代の人とご年配が目立つ、1973年デビューのバンドだからね。
でも最近は「World Baseball Clasic」、映画「海猿」、朝の情報番組「スッキリ!!」のテーマソングに楽曲が起用されていることもあり若いカップルや学生さんも少なくはなかった。
海外ドラマ「GREE」でも和訳歌詞付きで楽曲が流れていたので、それも一役買っていると思われ。
他にも映画とかCMでも採用されてるし。

私が初めてJOURNEYを耳にしたのは中学1年生(遠い目)
兄貴が聞いていたSEPARATE WAYSが最初だった。
それまで洋楽とは無縁だった私が洋楽漬け(日本のロックバンドも聞いてたけど)になるキッカケとなった曲だ。
何度も聞いている内に歌詞の意味も知りたくなり、聴覚全開放で聞き取り&メモ。
英和辞典を酷使したのは良いおもひでぽろぽろ(あのアニメは、妙にほうれい線が強調されてて気になる;;)
追い打ちをかける様に折しも世はバンドブームの真っ只中、その流れに逆らえず?楽器にも手を出すことにw
ちなみにSEPARATE WAYSは今でもカラオケで唄うほど好きな曲(ヘタクソだけどorz)

ところで、JOURNEYと言えばスティーブ・ペリーのヴォーカル無くして語ることは出来ない。
それだけ存在感があったしバンドのメジャー化に貢献した立役者。
しかし現ボーカルはフィリピン人のアーネル・ピネダ
長い期間、解散・復活・脱退・加入を繰り返してきたJOURNEYが辿り着いた今の形だ(長旅お疲れ様><)

アーネルはフィリピンのマニラでバンド活動をして暮らす、どちらかと言えば貧困層寄りの生活をしていたらしい。
だが、たまたま当時のバンドメンバーがライブの様子をYOU TUBEにアップしたことからまるで映画の
様なストーリーが始まった。
こう言う話題性も人気再燃の要因になったのだろう、典型的なシンデレラストーリだしアメリカンドリームだし。

この模様はドキュメンタリー映画になって、3/16(土)から全国で上映(もう公開されてるね)
これも見に行かねばwww
詳しくはWebで(一度言ってみたかった)



チケットを渡してカメラチェックを受けて席に着く。
S席だけど2階席@@、でもステージの奥まで確認出来るので良しとする。
しかも中央やや左側なので、前の人が邪魔にならない好ポジション。

17:00になりサポートアクト(前座?)が始まった。
ギター担当ニール・ショーンの息子、マイルズ・ショーンとキーボード担当ジョナサン・ケインの娘、マディソン・ケインのユニットによるパフォーマンスだ。
(サブのアコギ含めて3人による演奏)
初めて聞いたけどカバーの選曲センス含めてなかなか良い感じ、DNA?
観客のノリはイマイチだったが、今思えば我が子と同じ世代の若者が頑張る姿を暖かく見守っていたのかも。
それとも冷静にニールの技術と比較してた?(((;゚Д゚)))ガクブル
ギターソロも含め20分くらいで終了。

ステージセット変更の為10分の休憩を挟む。

そしてついに・・・
派手な照明&短いイントロと共にJOURNEYのメンバーが登場!
観客総立ち!そしてのっけからSEPARATE WAYS!ボルテージMAX!
その瞬間中学生に戻ったね、たぶん2年生くらい(遠い目)

JOURNEYメンバー
  ニール・ショーン(G)
  ジョナサン・ケイン(Key)
  ロス・ヴァロリー(B)
  ディーン・カストロノヴォ(Ds)
  アーネル・ピネダ(Vo)

前出のアーネル・ピネダは度々スティーブ・ペリーと比較される。
だがステージを見たら、それがナンセンスだったと思い知らされる。
(と言いつつ私もYOU TUBEで事前にチェックした口;;)

声質はアーネルの方が全域に渡ってクリアな感じ?
低音はスティーブの方が色気があるかな?

往年の名曲は当時の歌い方を忠実に再現し、新曲は新生JOURNEYの色を出す様うまく使い分けている。

特筆すべきはライブパフォーマンス。
ずっとバンド活動をやってただけに実にエネルギッシュ。
ステージ狭しと走り回るは飛び跳ねるは・・・観客の乗せ方も上手いと思った。
見てて楽しい気分になるんだなこれがw(一番大事)
経験もあると思うけどきっと人柄だね、根っから陽気なのかな?
お蔭で一気にファンになってしまったyo!(y^^
それにしてもあの小柄な体のどこにあれだけのスタミナが?(豆タンクかっ!?)

ポスターでは長髪だったけどバッサリ切ってスッキリしてた。
似合ってるのでこの方がかっこいいね。

次々と演奏される名曲の数々、最新曲も含めて会場はノリノリ♪
ギターソロやキーボードソロもあって良い構成だった。

ニール・ショーンのギターソロは観客を魅了。
泣きのギターはサンタナ時代に培ったもの?素質かw
ちなみにニールの師匠カルロス・サンタナも同時期(って言うか完全にブッキングでしょ?)に来日してたと言う偶然?必然?
3/11はJOURNEYが日本武道館、サンタナが大阪。
3/12はサンタナが日本武道館、JOURNEYが大阪でライブするすると言う奇跡。
クロスカウンターってやつですな(違う)
師弟のギタープレー比較をした人もいるかもね。

ジョナサン・ケインのキーボード演奏が始まって間もなく、OPEN ARMSと思われる
フレーズになりこれは!?と思った観客がどよめいたのには笑った。(私もその中の一人><)
でも最終的にはFAITHFULLYに繋がって観客がもっとどよめいた。

FAITHFULLYは、アーネルJOURNEYに加入するキッカケとなった曲(OPEN ARMSだったかも)なので本人も特別な感情を
込めていた気がした。(FAITHFULLY=誠実に、心から)
ずっとフィリピンにいたら外国や日本、そして金沢に来ることはなかっただろうから。
ちょっとしたキッカケってすごいね。
私も何気ないキッカケを大事にしようそうしよう。

次々と繰り出されるパフォーマンスに圧倒される一方、ベース好きな私はロス・ヴァロリーに注目。
席の真正面がちょうどロスの立ち位置だったのでじっくり見ることが出来た、遠かったけど;;
最近のベーシストに見られる派手なパフォーマンスやスラップなどは無いが、寡黙に
演奏する古き良き時代のベーシストだ(職人ぽい)
遠かったので確認出来なかったが、得意の変顔はしていたのだろうか?
ベースは黒いMUSICMAN STINGRAYだった。
以前はヘッドレスタイプのベースを愛用してたと思うが替えたのかな?
好きなベーシストの一人、レッチリフリーも愛用してるので欲しいけど高いなぁ><

ドラムのディーン・カストロノヴォは良く知らないけど、ハードロック出身?なので手数が多い様に
感じた。
セッティングもあるだろうけど欲を言えばもう少しバスドラを強調して欲しかった。


(ライブの模様は主催である北国新聞社HPからお借りしました)





アンコールを含む全ステージ約2時間のライブ終了~
ずっと立ちっぱなし、腕振り上げまくり&手を叩きまくってバンドメンバーじゃないのに
燃え尽きた・・・(;´Д`)ハアハア

演奏曲は以下の通り(途中から分からなくなったのでセットリストを引用+ボーナス?)
ギターソロとキーボードソロは割愛。


  1.SEPARATE WAYS(「NBC」テーマソング)
  2.ANY WAY YOU WANT IT(「スッキリ!!」テーマソング)
  3.ASK THE LONELY
  4.Send Her My Love
  5.ONLY THE YOUNG
  6.STONE IN LOVE
  7.KEEP ON RUNNIN'
  8.EDGE OF THE BLADE
  9.FAITHFULLY
  10.LIGHTS
  11.STAY AWHILE
  12.OPEN ARMS
(「海猿」テーマソング)
  13.JUST THE SAME WAY
  14.ESCAPE
  15.DEAD OR ALIVE
  16.WHEEL IN THE SKY
  17.DON'T STOP BELIEVIN'
(海外ドラマ「GREE」で人気再燃?)

  - encore -
  18.BE GOOD TO YOURSELF
  19.LOVIN TOUCHIN SQUEEZIN


DON'T STOP BELIEVIN'は相変わらず良い曲、特に歌詞がw

余談だがツアー初日3/11の日本武道館でのこと。
東日本大震災から2年目のこの日、アーネルが特別なメッセージと共に歌い上げたそうだ。
色んな意味で頑張ろう。

最後の曲、LOVIN TOUCHIN SQUEEZINでは、サポートアクトを務めた息子&娘も加わって
盛大に盛り上がった(みんな仲良さそう^^)
だがこの曲、往年の名曲にも拘わらず日本武道館、大阪、名古屋、広島では演奏されなかったとか!
ツアーファイナル金沢だけのボーナス(^^?

全演目終了~

目当てのライブグッズは完売、ガッデム><
グッズ販売コーナーの傍らでは「息子&娘ユニットCDお買い上げあざーす!握手&サイン会」をやってたので撮影。
親の七光りでメジャーになることの多い芸能界だが、中身の無い人が多いのも事実。
だがこの二人は実力があるので間違いなく成功するだろう・・・
頑張れ子供たち! DON'T STOP BELIEVIN'



祭りのあと・・・



帰りは電車なので金沢駅まで歩く。
バスに乗れば楽だけど、夜の金沢を歩くのもいいかな?と思ったのでパス。

ライトアップされたレンガが美しい、しいのき迎賓館?
オレンジ色のライトが赤褐色のレンガを強調していた。



夜の尾山神社を参拝。
初めて来たけど意外と狭かった・・・



夜桜ならぬ夜梅がほのかな香りを漂わせていた。



月とスッポン鐘楼



昼間から散々歩いた上にライブで騒いだので腹が減った様だ。
吸い込まれる様にラーメン屋へ・・・



メニューをINPUT中・・・



新メニューなう、極濃厚とんこつラーメンを発注、さらにチャーシューを追加。
燃え尽きたエネルギーを補充しないとね(^^b



こっちも補充www撮影する前から飲んでもうたwww



出て来たラーメンはコレ!
チャーシューの盛り付けがまるでお花みたい(ウットリ
スープは汁と言うよりクリームみたいな感じ。
天下一品のラーメンに似ているが、アレより油が少ない感じ。
丸くて太い麺に絡んでなかなかのお味♪
例えるならカルボナーラ?w あれはパスタか。
チャーシューは拘りがあるらしくとろける食感、クリーミーなスープとの相性も抜群だった。
とてもおいしゅうございましたm(_ _)m



金沢駅から小松駅まで電車で移動。
カミさんに迎えに来てもらって帰宅。



金沢駅で購入したお土産で家族に感謝感激アメアラレ(^^
この先の長い旅路(JOURNEY)も、家族の為に頑張るよ><b
JOURNEYのライブは、アメリカンドリームと家族愛に満ち溢れてると感じたので。

燃え尽きた証、チケットの欠片。



風呂に入ってビールを飲んで(まだ飲むんかい!と言うツッコミは無しで)就寝。
楽しい一日だった。


(-д-~zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


今朝起きたら、体のアチコチが筋肉痛になってた。
河川敷走行ではならなかったのに><
手のひらもピンポントで内出血してるしむくんでるし、どんだけ手を叩いたんだ?
長い旅路、耐えられるのだろうかこの体(震え声
でも背中と肩のコリは治ってる不思議@@

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いいな
いいな・・・いいな・・・

行きたかったな・・・
ライブと金沢探索とビールにラーメン・・・

ほんと、楽しい一日でしたね!
手が腫れるくらいの拍手!
喉は大丈夫ですか!?
ライブなんて、ずっとずっと行ってないなぁ~

あのラーメン、武蔵丸???
どこのお店でしょう?チャーシューが気になります!
濃厚な感じで、僕の好みかも!!!

いずれにせよ、とても充実した一日を頂いたのですから、
しばらくは、家事手伝いですね!!!

ファイト!


でぐり 2013/03/19(Tue)17:05:04 編集
懐かしいですねぇ
JOURNEY懐かしいです♪

中・高校時代はアイドル全盛時代で、私の中では洋楽こそが音楽の様なイメージで洋楽を聞きまくっていましたね(笑

JOURNEYはFRONTIERSとEscapeは未だにCDで買い直して所有しており、車のナビにも入れてます♪

ライブの余韻を心に頂くラーメンとビールもさぞ美味しかった事と思いますww
Riding Tripper URL 2013/03/19(Tue)17:40:40 編集
無題
へー!アーネルって動画で初めて見ましたが凄くエネルギッシュですね
スティーブは歌い上げる渋さみたいのものを感じたものでしたが、似ているだけにこれから歌いっぷり、らしさみたいなもの注目ですね

動画の中でシンデレラな話と言ってますが、夢の様な話だったでしょうねー
純粋に一生懸命になれる人の活力の様なもの感じますね

確かにそういう人の傍に居ると引き込まれることってありますが、そういう影響力のある,周りを元気にする人間になってみたいもんです^^
この人のドキュメンタリー見てみたいものです。

そのあとのラーメンも濃厚! ライブも濃厚!
手のひらも厚(熱く)くなって^^楽しい一日ですね

メニューのチャーシューご飯って北陸では当たり前メニューですか? なんか気になるなぁ
you URL 2013/03/19(Tue)21:03:47 編集
お陰様で(^^
でぐりさん>
久しぶりのライブ、良かったですよ(^^
数十年ぶりのライブでしたがやはり生のサウンドは迫力がありました。

客層は殆どご年配だったので途中座られる方が多かったのですが、私はずっと立ちっぱなし拍手しっぱなしだったので終わってみればクタクタでしたw
喉は大丈夫でした。

ラーメンは、近江町市場に向かう途中にある「武蔵丸」と言うラーメン屋で食べました。
吉野家の店舗を改装したらしく中はそのまんまw
個人的に好きな味でビールも最高でした(^^

食べログで紹介されてたのでご参考まで。http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17006838/

そうですね、楽しい一日を過ごさせてもらったので仕事と家の用事頑張ります、バイクライフも(^^b
COS 2013/03/20(Wed)16:51:45 編集
昔の曲も今の曲も♪
Riding Tripperさん>
Riding Tripperさんも洋楽をお聞きになられてたのですね。
私もアイドル系は全く興味がありませんでした。
洋楽には洋楽の、邦楽には邦楽の良さがあり好みもあるので人それぞれですが・・・
そもそも洋楽と邦楽とに分ける理由は無いと思ったりもします。
同じ音楽なので(^^

FRONTIERSとEscapeはJORNEYが不動の地位を築いたと言っても過言ではない名作だと思います。
私もMP3プレーヤーに入れて聞いてますw
でも今回のライブで最近の曲を聴いて、新生JORNEYの曲もいいな・・・と思いました。
YOU TUBEにアップされてるので是非聴いてみて下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=RwBFRrdXC2c&feature=related

はい、ラーメンもビールも最高においしかったです(^^
ライブで騒いだ後だったので尚更でしょうかw
COS 2013/03/20(Wed)17:01:41 編集
信じる者はすくわ(ry
youさん>
私も最初アーネルの動画を見てその歌唱力に驚き、ライブで生のパフォーマンスを見てすっかりファンになってしまいました(^w^

おっしゃる通りスティーブとアーネルは似てますしそれぞれの持ち味もあると思います。
両者が同じ曲を唄うことで、名曲がさらに幅広いものに進化した様に感じました。

アーネルにとって夢の様なストーリーだったことでしょう。
そしてフィリピンの方々はもちろん、世界中の人々の希望になったのではないかと思います。
おっしゃる通り純粋に一生懸命頑張った結果だと思います。
まさにDon't Stop Believin'ですね(T_T

良いオーラってやつでしょうか?時々いますよね何故か引き込まれてしまう人(良い意味でw)
アーネルはそんなオーラの持ち主だと感じました。

お陰様で極極濃厚三昧でした。
楽しんだ代償は体に返ってきましたがorz

!!!

メニューを良くご覧になられてますね(^^;
チャーシューをごはんにのっけて食べるのかな?
私も良く知らないので今度チャレンジしてご報告しますね~(^^/
COS 2013/03/20(Wed)17:19:47 編集
←No.322No.321No.320No.319No.318No.317No.316No.315No.314No.313No.312
≪PRE 2017.09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b