忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日目、朝から天気が良い。
今日は国道9号線から津和野へ行き、そのまま萩へ抜けて海岸沿いの国道191号線で益田へ戻ってくるルート。


まず最初に、統合の為廃校となった母校(高校)跡地へ行ってみた。
校舎はもちろん建屋が全て撤去され、残っているのはグラウンドのみ><
先週設置されたばかりの記念碑の前で記念撮影しておいた。
少子化の影響か財政の関係か分からないけど、母校が無くなるのは寂しいね(T_T


続いて市内の文化施設 グラントワ に行ってみた。
石見美術館 と いわみ芸術劇場が一体となった建屋は、屋根も壁も石州瓦で覆われており独特の色合いと光沢がマッチしている。

d0bdf366.jpeg

正面にあるオブジェ
主に神話を題材にした重要無形民俗文化財 石見神楽 に登場する「大蛇(おろち)」をモチーフにしているらしい。

2c4752c2.jpeg

島根県六日町出身の彫刻家 澄川喜一 氏製作によるもの。
最近は 東京スカイツリー のデザイン監修を務められたそうだ。
ちなみに グラントワ のセンター長と美術館長を兼任されているとのこと。

2d158eaf.jpeg

躍動感のあるボディにはさぞかし恐ろしい顔が・・・
と思っていたらまさかのアヒル口wwwww
ものまねのコロッケさん?いかりや長介にも似てる?
今にも、オイーッス!って言いそうだw

05dae667.jpeg

神話や伝説が多いこの地方により親しんでほしいと言う製作者の意図らしい。
ちなみに グラントワ のマスコットは オロチくん!!!(そのまんまw)
ゆるキャラNo.1の バリィさん に対抗して頑張ってほしいねw

oroti.jpg

中は落ち着いた光沢の回廊となっている。

78e65a62.jpeg

中庭にはクリスマスに合わせたイルミネーションのオブジェが置かれている。
夜はミニリサイタルなどが行われるらしい。

36fe2803.jpeg

柿の実が鈴なりだったので撮影。
実りの秋だ。

70bf14ec.jpeg

津和野に到着。
西の小京都 と呼ばれる狭小地に佇む城下町である。
思春期の6年間をこの町で過ごしたので、馴染みが深い。

観光地ゆえ、ツーリングで訪れるバイクを見る機会も多く、思春期だった自分はその影響でバイクに乗る様になったと言っても過言ではない(クワ
ちょっと大げさだが(^^;;;

津和野駅は、動態保存されている SLやまぐち号 の終着駅である。
車両は、201両生産された 貴婦人 の愛称で親しまれる 「C57」の1号機。
製造されたのは75年前と聞くから、どれだけ頑丈なのだろうか・・・
しっかりメンテしてるのだろう。
やはりメンテは大事だなと思った。

(山口県)新山口駅~(島根県)津和野駅まで、62.9kmを約2時間掛けて走行する。
残念ながらこの時間はお目にかかれなかったが、子供の頃一度だけ乗ったことがある。
毎日運行する夏休みは、マニアや家族連れでいっぱいになるそうだ。

f894ea13.jpeg

駅の隣には 「D51」 が展示されていた。
前は無かったのに・・・

5deaf410.jpeg

自由に見学可能。

3d59d4f7.jpeg

デッキから車両前方を望む。
でかい!!!

eedf2249.jpeg

運転席にも入ることが出来る。
う~む、ロマンを感じる。

1cbb4061.jpeg

割烹・寿司「あおき」にて昼食を取る。
昔からある店でそれなりに有名な店。
店内には、渡辺謙さん、道場六三郎さん、蛭子さんや力士の色紙が貼ってあった。

1013e1eb.jpeg

寿司と・・・

3455d82c.jpeg

割子そばを食す。
うまかった(^^

f0ccce36.jpeg

満腹になったので、腹ごなしを兼ねて町中を散歩することにした。

昔通った通学路や遊んだ路地が懐かしい(T_T
今も城下町の風情を残している。

8fe8f546.jpeg

メインの観光地 殿町通り。
観光客向けに改修され、ややこざっぱりとした印象。
通りの左右には、武家屋敷やなまこ壁が立ち並ぶ。

de299aca.jpeg

聖キリスト教会。
島原のキリシタン改宗を目的とした弾圧が最も激しかった津和野に、ドイツ人神父が建てたものである。
厳しい弾圧によって亡くなった殉教者が祀られている。

e8d60188.jpeg

青空に映えるゴシック様式の教会が、平和を望んでいる様だ。

d6cb8288.jpeg

中は自由に見学出来る。
この教会の特徴は、床が畳敷きであること。(写真の一番下、人が立っているところに少しだけ畳が見える)
なぜこうなったかは分からないが、ステンドグラスとの相性も悪くないと思った。

fc4f9c2e.jpeg

沿道の水路には、メタボな鯉が窮屈そうに泳ぐ。
ここは観光客の撮影スポットなので、3組の観光客からシャッターを押してほしいと頼まれた。
住んでいた頃も、よくそう言うことがあったので、懐かしく感じた。
観光で成り立っている町なので、観光客には親切にしないとねw

95e29b2e.jpeg

家老の名門 旧多胡家 は役場となり、今も町の為に尽くしている。

324b03de.jpeg

津和野川のほとりには、重要無形民俗文化財である 鷺舞 のオブジェがある。

54e817f0.jpeg

津和野大橋より 太鼓谷稲荷神社 を望む。
手前はJR山口線で、ここをSLが煙を吐きながら進む姿は今でも好きだ。

86c8d4d1.jpeg

稲荷神社へは、千本の鳥居が連なりトンネルとなっている参道を登っていく。
斜面を折り返しながら登る急な参道だが、途中に茶屋があるので休憩しながら上がるのも良い。
景色も良いしw

627d9689.jpeg

若くして亡くなった友人宅を訪ねた。
(あっち側でも車に乗っているだろうか?)
ご両親もお変わりなく、お元気そうだったので安心した。
なかなか訪ねることが出来ないが、いつまでもお元気で!


殿町に戻り土産物屋 沙羅の木 へ行く。
狭い駐車場に観光バスがひしめき、店内は観光客でごったがえしていた。

c1f21611.jpeg

郷土料理 うずめ飯
白飯の下に山菜や煮込んだ野菜が隠されている。
一見、ごはんしか見えない謎の料理である。

諸説あるがその昔、
①山菜が粗末なものとして扱われていた頃、白飯に隠して客人に差し出した説
②おかずが贅沢品とされていた時代、贅沢を良しとしない藩主に気付かれない様に隠した説
が有力らしい。

白飯におかずを隠す(うずめる)から うずめ飯 と呼ばれるとのこと。
上の白飯と下にうずもれたおかずを混ぜて食べるだけの、混ぜる前の混ぜご飯(?)と言ったら怒られるかも知れないw
てことはおかずは、お好みで何だってOK?(^^;b
ちなみに食べたことはない(キリ

c020d4c7.jpeg

沙羅の木別館には、紙漉き体験コーナー もある。
津和野は 石州和紙 の産地であり古くから町の産業として根付いている。
丈夫で独特の風合いを持つ 石州和紙 はコアなファンが多いと聞く。
ハガキ、便箋、障子紙、和紙人形、コースター、張子など何でもアリのハイブリッドペーパーである。

ちなみに地元の津和野中学校の卒業証書は 石州和紙 で作られている。
しかも、卒業生自ら紙を漉いて作成する。(今はどうなのかな?)
自分も紙を漉いて作ったので卒業証書に思い入れはあるが、どこへいったのやら(オイ

475f282c.jpeg

友人が経営する和菓子屋へ行く。
ここの和菓子はうまいのでいつも買いにくる。
時々親に送ってもらうくらいだ。
残念ながら友人は留守で会えなかったが、元気でいるらしい。
また会って一緒に酒でも飲みたい。


母校 津和野中学校 へ行ってみた。
塗装やらがキレイになっていたが基本は変わらず昔のままだった。
思い出の部室が撤去されていたことがやや残念><


津和野を後にし、萩市へ向かう。
観光会社が「萩・津和野(弾丸)セットツアー」を組む通り、萩も昔からの観光地。
幕末から明治維新にかけての名所が多い。
吉田松陰の開いた松下村塾がある 松陰神社 の駐車場は観光バスでいっぱいだった。

38.JPG

市内にある親戚の墓参りを済ませ 萩城跡 へ行ってみた。

39.JPG

萩城は、別名 指月城 と呼ばれ、三角州に挟まれた指月山と河口付近の平地に各々城郭を持っていたそうだ。
山城と平城を併せ持った珍しい城だったらしい。
指月山が海へせり出しているので海城という見方もあるらしい。
海あり山あり平地あり、制空権を握れば最強の城だったに違いないw

40.JPG

毛利輝元 が築城し自ら居城していたが、明治維新の際解体されてしまった。
今は 指月公園 として親しまれている。
近年、復元の話が上がっているそうだが財政的に実現が厳しいと言われている。

41.JPG

堀に近づくと無数の鯉が寄ってきた。

42.JPG

萩城を後にし、海岸沿いの道路から日本海を望む。

43.JPG

萩五島?と呼ばれる島々が見える。
平らな火山島で漁業や放牧の町として成り立っているらしい。

45.JPG

どの島も良く似ているので、クジラの群れや艦隊に見える。

44.JPG

道の駅 萩・しーまーと

46.JPG

漁港に隣接しているので、新鮮な魚介類を食すことが出来る。

47.JPG

明神池

48.JPG

一見普通の池だが、火山の噴火によって出来た火山湖である。
地下水脈は海と繋がっているので海水だ。

49.JPG

水路を通って海から様々な魚がやってくる。
特に回遊魚であるボラは、近海で産卵することはないらしいが、この明神池では産卵すると言う世界的にも極めて珍しい池だそうだ。
慣れているのか、エサを撒くと岸へ近づいてくる。

64a62623.jpeg

自然のアカエイをこんなに間近で見るのは初めてだ。

f7c19900.jpeg

メジナやイシダイも寄ってくる。

d13f83ac.jpeg

そのまま国道191号線を北上し益田市へ向かう。
途中、もう一人若くして亡くなった友人の墓参りをした。
(あっち側でもバイクに乗っているだろうか?)


一日コースだったが、朝から天気に恵まれて最高のドライブ日和だった。

2日目(11/24)終了・・・

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.283No.282No.281No.280No.279No.278No.277No.276No.275No.274No.273
≪PRE 2017.09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b