忍者ブログ

その日その時をおもしろおかしく、行き当たりばったりテケトー日記(^^ since 2009.06~2014.02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界最速のインディアン(2005年作品)

日曜の深夜、CSで放映されていたので鑑賞(^^

アメリカの先住民が走る映画ではない。
1000cc以下のオートバイ地上最速記録保持者バート・マンローの実話に基づいた映画である。



拍手




1960年代、ニュージーランドで独り暮らすバートは63歳。
愛車である1920年型インディアン・スカウトの改造に明け暮れていた。
彼の夢は、ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツへ渡米し愛車で世界最速記録に挑むこと・・・


道中出会う人々との交流、スピードへの執着、ものの見方や考え方に感心。
頑固なのか情熱の塊なのか分からないが、色々と考えさせられた。


バイクの改造はオリジナリティ溢れるもので、そんな方法でも大丈夫なんだ!と思ってみたり・・・(真似しないけどw)
発売当時最高速87km/hのバイクを、40年かけてコツコツと改造して300km/h以上出るモンスターに仕上げるなんて凄すぎるwww


都度立ちはだかる問題にも真摯に向き合い、時には誰かに助けられながら夢に近づいていく。


朴訥としているが主張するところは主張するバート、きっと純粋で自分に素直な人だったのだろう。
不器用なのかも知れないが、取り巻く人々は逆にそんな彼を応援したくなるのかも。
こんな爺ちゃんがいたら楽しそうだなぁw


演じるのは、アンソニー・ホプキンス
バートが残した数々の名言をリアルに伝えてくれる。


「夢の無い人間は野菜と同じ」


「顔にしわがあっても、心はまだ18才だ」


「なんであれに乗るかって? いい質問だ、乗ることに意味がある」


「5分が一生に勝る」


誰にも期待されていなかった老ライダーが、夢を追い続けることの大切さを教えてくれた映画だった。(Don't Stop Believin'だね♪)
バイク乗りはもちろん、みんなが楽しめる映画(^^b


ちなみに彼の記録はまだ誰にも破られていない・・・



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今度見てみます^^
きりやま URL 2013/04/16(Tue)21:00:25 編集
是非(^^
きりやまさん>
こんばんは(^^
コメありがとうございます。
是非ご覧下さい~
COS 2013/04/16(Tue)22:07:07 編集
挑戦
見た事の無い映画ですがボンネビルには様々な挑戦者がいて、それぞれにドラマが存在しますね・・・

機会があれば見てみたいと思います。
Riding Tripper URL 2013/04/17(Wed)17:58:42 編集
こんばんは(^^
Riding Tripperさん>
こんばんは(^^
ボンネビルには日本人も挑戦してますね。
モータースポーツ協会では公式種目とされていませんが、スピードを愛する人にとってはカリスマ的大会だそうですね。
私はずっとバイクに乗り続けたいと思ってますが、バートの様にはなれないだろうなぁと思いました(^^;
機会がありましたら是非ご覧下さい。
COS 2013/04/17(Wed)20:25:13 編集
ゴーグルが!
舞台はボンネビル・ソルトフラッツ!
動画からして海岸線いや塩がらみの土地がら?
でしょうかね?

僕は一度でいいからソルトレイクをオフ車で走ってみたいっす^^

1L以下で300Km/hオーバーなんて!今でこそ当たり前の様な性能もこういう人が出てきて、引き継がれていったんでしょうね!

初めに事を起こすという意思や体力って拍手もんですね!
今の時代、些細なことすら成しえない僕の頭に喝が入りそうですw)^o^(

しかし、この映像最後のゴーグルが外れるシーンありますが、実際どんなもんでしょうねー
想像しただけでおしっこチビりそうですね^^

頑なオヤジ、ホプキンス打って付けですねー
「郵便配達は2度ベルを鳴らす」ちょっとテント張りそうでしたが・・・^^;とか他の映画も色々味のある特殊な人柄など、いい演技してそうですね
you URL 2013/04/20(Sat)19:16:10 編集
眼が(((><)))
youさん>
こんにちは!
昔湖だった場所が干上がった場所だそうです。
塩の結晶なので表面が整っていて延々とフラットな大地が広がっているみたいですよ(^^
私もこの様な場所を走ってみたいです。

おっしゃる通り今では当たり前の速度がそうで無かった時代、 先人の知恵と努力そして熱意によって築かれたものだと思いました。

何にでも言えますが、最初に考えて実行した人には感心します。(最初にフグを食べた人とか^^;)

今でこそ色んなデータがあるので事前に検証出来ますが、昔は大変だったと思います。

あの速度でゴーグルが取れたら眼が(((><)))

ホプキンスはどうしてもレクターのイメージが強かったのでいい意味で新鮮でした。
改めて名優だと思いましたw
COS 2013/04/21(Sun)14:31:38 編集
←No.332No.331No.330No.329No.328No.327No.326No.325No.324No.323No.322
≪PRE 2017.10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NEXT≫
Clock
【重要】河川敷でのマナーとルール2/24追記:厳守徹底!
1)走行車両について
河川敷でのレーサーの乗り入れは禁止です。(ノーマル専用コースです。)

2)走行区域について
コース以外の整備された(堤防斜面)等の乗り回し禁止です。

3)他の利用者への配慮について
走行時の釣り人等への配慮。

4)ゴミについて
撤収時はゴミを持ち帰りましょう。
原則:来た時よりも美しく(^^b

5)事故・怪我について
河川敷での事故・怪我は全て自己責任です。安全運転を心掛けましょう。

6)騒音規制について
他の河川敷利用者及び近隣住民の方々への配慮として、明らかに 音量が大きいサイレンサーの使用を禁止します(レース場ではありません)
苦情が出ない様、自主的にそして互いに注意し合って規制して下さい。

7)四輪車の乗り入れについて
二輪車専用の練習コースです。
四輪車の乗り入れは禁止です。



  あくまでもライディング技術を身に付ける
  「お稽古場」です。
  (レース場ではありません)

  バイク乗り入れ禁止!と言われない様、
  河川敷コースを大切に長く使いましょう。

Recommend
最新コメント
Writer
COS(コス)
BIKEはON-ROADから乗り始め、1993年に限定解除を取得。
現在はOFF車のみ所有。

MTBも所有しており、OUTDOOR LIFEを趣味とする。
たまにBIKE、MTBのレースやイベントに参戦することも。

セルフメンテナンス主義で、BIKEやMTBをイジることが大好きである。
多くは「貧乏人の知恵」を駆使したやっつけ仕事、たまに破壊することも(ダメじゃんorz)

ツーリングや林道探索はほぼ思いつきの行き当たりばったりなので、ソロでぶらぶらしていることが多い。
見かけたらお気軽にお声掛けを~
情報交換しましょう(ё)




Visitor counter

PAGE TOPへ(^^b